漁師も驚いたです。

昨年、NHKが世界で深海底でまさかカメラに写っていたのが生きているダイオウイカが発見されています。

特番を組むほどにしていますがこの後は密かになっていました。

しかし、今年になってからあのダイオウイカがなぜか水揚げをされているのです。

特に日本海を中心に発見されているのです。
水揚げされるまでは生きていたかも知れません。

鳥取で水揚げされたのが3~4メートルだったそうで漁師にはびっくりしたと思われます。

この同じように新潟県や富山県でも水揚げをしたそうです。

さて、なぜこの時期にダイオウイカが日本海にいるのかはいまだ謎だと思います。

普段は深海底にいることで人には滅多に見られない。

しかしながらこの時期の日本海でダイオウイカが発見されるのが珍しいと思われるそうです。
ただ潮が対馬と日本海など混ざったかも知れないのです。

最近は熱帯林に住んでいる魚も鹿児島の錦江湾など発見されています。

特に東シナ海では見られないような魚類が発見されています。

地元の水族館に持っていそうです。

でも、鹿児島県でも発見はあるかも知れません。