博多駅前

昨日の朝、起きてすぐにいつも通りべっぴんさんを見て。

8時すぎですね。

楽しかった~と同時にアサイチが始まるんですが、いつもとスタートが違う。

いきなり速報ですという、イノッチ。

ただ事ではないなと思いながら、いつもなら消す時間だったけれどそのままテレビを眺めていました。

もうね、これ日本なの?本当に?と思ってしまった映像が、博多駅前の道路陥没。

最初は2か所だった穴がみるみるうちにつながって、道路を飲み込んでいく映像には絶句でした。

今でも思うけれど、東日本大震災の映像もまるで映画のようにありえないと思ってしまうものだったし、道路が簡単に崩れ去る様子なんて当然日常では考えられないから、現実の映像とは思えなかったです。

あんなに大惨事だったけれど、現場の工事の人は異変に気付いてそこから道路の交通整備に入った数分後の出来事だったそうで。

きちんと報告ができていたからこそ、巻き込まれた人がいなかったという状況が生まれたんですもんね。