福島の親戚の話

もう4年、まだ4年。

思うことは人それぞれですね。

4年前の3月11日。東日本大震災。

この日が来るたびに胸が痛みます。

ヤフーの検索の応援。募金ができるとのことでさせて頂きました。

親戚が福島県に住んでいることもあって、噂程度に話を聞くことがあります。

(関東住まいの叔母に会ったときに近況報告を聞く程度ですが)

毎年お米を作っていて、親戚に分けてくれているのですが、風評被害はあるとのこと。

私や家族はその後も美味しく頂いていますし、お米を頂けるのはとても有難いことだと思っています。

でも原発事故のことも踏まえると心配な方も多くいらっしゃいますよね。

この判断も人それぞれだと思います。

どの選択肢をとっても、その結果は自分に戻ってくるだけだから。

でも安易に汚い言葉を投げつけたり、作ったものを捨てたり、そういうことは人としてやってはいけないかなと。

何が安全で何が危険なのか、私たち一般人にはわからないことも多くて不安ですね。

時間がかかることとはいえ、少しでも早く安心した暮らしができることを祈ります。